やまむら歯科のこだわり

目に見えない安心(細菌感染対策)に
やまむら歯科は、なぜ数千万円を投資したのか――

読売新聞に掲載されたある記事が話題を呼びました


読売新聞で問題提起された歯科医院の歯を削る機械使いまわしについての記事

読売新聞で問題提起された歯科医院の歯を削る機械使いまわしについての記事

「約7割の歯科医院が歯を削る医療機器(タービン)を滅菌せずに使いまわしている」

歯科で扱う医療機器の多くは、口の中に入ることで血液・唾液が付着する可能性が高いため、日本歯科医学会では標準的な院内感染対策として「使用後は、高温で滅菌した機器と交換する」と定めています。

もちろん、細菌感染対策に熱心に取り組まれている医院さんも増えてはいますが、残念ながら、多くの歯科医院はこの指針を満たしてこなかったことがこの新聞で明らかにされました。


悲しい現実。


私が初めて歯科の滅菌設備を見たのは、愛知学院大学付属の大学病院でした。
徹底した感染管理の中で数年間を過ごし、私の中ではそれがいわば「スタンダード」でした。

その後、就職活動で個人の歯科医院を訪れる機会が何度かありました。
数件の医院を医院見学しましたが、ほとんどの医院で細菌感染対策の意識が薄いことに気付きました。

消毒室は小さく、設備もあまりにも簡素で、

  • 手洗いが必要な器具を、汚れたシンクの中で洗っている。
  • 洗浄・消毒・滅菌いずれかの工程が抜けている。そもそも機械がない。
  • スタッフが、グローブ(手袋)や治療器具を交換せずに使いまわしている。

患者さんの見えない部分、つまり個人の歯科医院の裏側を初めて見た瞬間でした。

そんな様子が目につき、「ここでは治療されたくないなぁ・・・」と愕然としました。

それから更に数年が経ち、一般歯科での修行期間を終えた私は、いよいよ開業の準備を始めました。

当然、「細菌感染対策や衛生面にはこだわりたい」という気持ちは持ち続けていました。


究極の選択。


スタッフへの細菌感染対策の教育も定着しはじめ、開業から数年経った頃。更なる細菌感染対策の充実を目指し、東京から細菌感染管理のプロフェッショナルにお越しいただき、アドバイスを求めました。

その方は、大学病院の滅菌部門の構築もされており、当院もそのような体制を築けるようプランニングをしていただきました。

プランが出来上がり、必要な設備を揃えるためにメーカーに見積もりを出してもらいました。

すると、なんと、数千万円の設備投資が必要になることが分かりました。

さすがに、その見積もりを見たときは途方に暮れてしまいましたが、数年間かかったとしても必ず実現しようと心に決めました。

それから5年以上の歳月をかけ、ついに現在の体制を築き上げることができました。

→やまむら歯科の感染予防対策はコチラ

スタッフが自信をもってご家族をやまむら歯科に呼んでいるのを見ていると、この体制を築いて良かったと心から実感しています。

ちなみに、私の家族も定期検診に通っているんですよ。

「細菌感染」は目には見えない部分ですが、任せてください。

あなたに使用している医療器具は、愛知県唯一の滅菌機で滅菌しています。

どうぞ、安心して受診してください。

刈谷市 やまむら歯科
院長 山村 昌弘

→やまむら歯科が選ばれ続ける理由の「満足ポイントTOP5」を詳しくご紹介します


ご利用可能カード一覧

※メール相談はボランティアにて行っておりますので、近隣にお住まいで、通院可能な方のみでお願いいたします。

やまむら歯科 トピックス
閉じる