お悩み別治療

抜けてしまった歯、そのままにしていませんか?


歯が失われる原因は、

  1. プラーク
  2. 非機能的な力
  3. 咬頭嵌合位のズレ
  4. アクシデント
  5. 善意の過失

この5つに分けられます。

あなたが歯を失ったのも、このいずれかではないでしょうか?

失ってしまった永久歯は、残念ながら、再び生えてくることはありません。

抜けた場所によっては、生活に大きな支障がない方もいるかもしれませんし、歯医者に通うとなると治療費もかかれば時間もとられることになる、とそのわずらわしさから、なんとなく放置している方もいると思います。

しかし、歯はその一本一本にそれぞれ役割があります。

もしそのままにした場合、10年後・20年後にはどんな状態になってしまうのでしょうか・・・?

「あのとき治療していれば・・・」とならないために。
やまむら歯科の特設ページをご覧ください。

抜けたままにしておくとどうなる?(外部サイト)



選択肢を広げる「診断」と「治療」


歯を失った方の治療は、

歯を失った部分、その本数、周りの歯の状態、歯肉・骨の状態まで考慮して行う必要があります。


やまむら歯科では、

・年間500以上のカウンセリング
・年間100症例以上の入れ歯作製
・年間150症例以上のブリッジ作製
・年間350症例以上のインプラント埋入

これらの経験をもとに、あなたのお口の状況・さらには生活スタイルを考慮して治療のご提案を行います。

下記の特設サイトでは、歯を失った方へのやまむら歯科の治療内容や取り組み、それぞれの治療のメリット・デメリットなどについて、分かりやすくまとめました。

歯を失ったことでお悩みの方には、是非一度ご覧いただきたいと思います。

→どんな選択肢があるかを知る(外部サイト)


ご利用可能カード一覧

※メール相談はボランティアにて行っておりますので、近隣にお住まいで、通院可能な方のみでお願いいたします。