こんにちは。やまむら歯科事務局の背尾です。
今年のトピックと言えば、オリンピック・パラリンピックですね。
コロナウイルスの影響で開催に関する賛否は様々ありましたけど、私自身はテレビでの観戦を通じてスポーツそのものが持つ魅力を存分に堪能させてもらいました。
さて、スポーツの大きなトピックの中で、今年もう一つ大きなニュースだったのが、サッカーのメッシ選手がバルセロナからパリサンジェルマンへ移籍になりました。あまりサッカーが詳しくない方でも、この移籍のニュースはひょっとすると聞いたことがあるかもしれません。

今回移籍に至った背景にサラリーキャップ制度というものが存在しているのですが、私自身スペインのサッカーリーグに適用されているとは知りませんでした。また一般的には制度そのものがあまり知られていないように思います。
このサラリーキャップ制度とは、簡単に言えば「チームに所属している選手の給料はチーム全体で●●円までだよ。」というお金に関する制限を掛けるためのルールです。
お金をいくら使うかなんてチームの自由じゃないか?と思いますが、プロスポーツの世界であまりに大きなお金を動かせる企業などがスポンサーに付くと、その大きなスポンサーが付いたチームだけが強くなりすぎて、全体の魅力が落ちてしまうことになるのです。例えば日本のプロ野球で毎年必ず同じチームが優勝するようになったらどうお感じになるでしょうか?
実はサラリーキャップ制度のようなプロスポーツにおけるお金の使い方を制限するルールは他にも存在します。サッカーでいえばファイナンシャルフェアプレーなんていうのも最近はよく聞きます。
そういったお金の使い方を含めたリーグ運営について、私が一番好きなのはアメリカのNBA(プロバスケットボールリーグ)です。どういった面が好きかと言うと、その制度によってチーム間の公平性がある程度担保されること。またその制度の使い方でチーム間の駆け引きが展開されていくところになります。
NBAのルールの中で特徴的だなと思うのは先ほどから書いている、サラリーキャップ制度とそれにまつわるラグジュアリータックス制度、それとお金の話ではないのですが、ウェーバー方式のドラフトとロッタリーによるドラフト指名順位の決定です。
聞きかじった知識なのですべて正しいかどうか保障のかぎりではありませんが、簡単に魅力をお伝えしてみたいと思います。

サラリーキャップ制度というのはチーム全体の年俸の上限が●●円と決まっており、これが基本的な枠組みになります。普通プロ選手というのは、特にスターになれば成績の良い選手の方が年俸の高いため、年俸の上限が決まることで獲得できる選手の層が決まってくることになります。
しかしながら、サラリーキャップ制度には、お金の制限で選手が不利になりすぎないなどの意味で例外の規定も用意されています。そして例外を駆使すると結局結構高額な年俸の選手を何人も採用することもできてしまったりします。
そこに制限を掛けるのがラグジュアリータックス制度で、チーム全体の年俸の総額が●●円を超えてしまったら、リーグに対してお金を支払いなさいという制度です。支払われたお金は違反をしていないチームに分配もされます。
ラグジュアリータックスによって、サラリーキャップを超えないように努力することはもちろん、「今年はサラリーキャップの枠を超えてでも優勝を狙いに行く!」という駆け引きが起こったりします。
逆に弱いチームがチームを再構築するために、あえて高額の選手との複数年契約を避けて、サラリーキャップに空きを作って「来年再来年にすごい選手を獲得しよう!」という駆け引きをするチームも出てきます。
また、ドラフトは毎年すごく魅力的でプロに入ってすぐ活躍するような選手が1人か2人は必ずいます。そういった選手を指名するのはどのチームでも公平に指名できるわけではなくて、今年"弱かった"チームから順番に指名できるのです。これをウェーバー方式と言います。
弱かったチームも一つではないので、公平性を持たせるためにもロッタリー制というのが採用されています。これは弱かったチーム同士で予備抽選をしてドラフト指名順位をくじ引きで決めるものです。
ちょっとわき道に逸れますが、ドラフト指名権は選手とのトレードに使うこともできたりして・・・。と単にドラフトで1位指名をするだけでなくこれも駆け引きの要素に使われることもあります。
と、こういった制度の中で、今年強いチームが永遠に強いわけではなく、また今年弱いチームが永遠に弱いわけでもなく、サラリーキャップの枠、トレード、ドラフト指名権の公平性などの要素を各チームがうまく駆け引きに使うことで、リーグの中で盛り上がりが維持されていると感じます。
個人的には、こういった駆け引きが表面化するシーズンオフがNBAで一番面白い時期だと思います。

スポーツを見るのが好きという方は、NBAに限らず、シーズンオフの各チームの動きというのに注目してみると1年中好きなスポーツが楽しめるのでおススメです。
それでは。


こんにちは!歯科衛生士の黒木です!

あっという間に9月になりましたね!
今年も残り4ヶ月(ーー;)はやいです!

先日好きなアーティストの配信ライブをみました(^^)

今までは会場に足を運ぶのが当たり前だったんですが今の時期なかなか難しいですよね(´-`)

早くいろんな所にいける日々が戻ってくるよう引き続き感染対策をしっかり行いたいと思います!


みなさんこんにちは!
歯科医師の岩田彩華です。
最近またコロナが増えてきてなかなか外に行けない日々が続いてますね^^;

なので院長は時々スタッフ皆に美味しいお弁当を差し入れしてくれます♪♪
前は鰻のお弁当なんてこともありました!!

この前は私たちの行きつけ、
赤池の『九』のオードブルでした☺︎

九のご飯は本当に美味しいので、早くまた食べに行きたいです(^^)

みなさんも時々こうやってリフレッシュしながら、頑張りましょう‼︎