こんばんわ!!衛生士の森です☆

今日は台風が接近してきているという事で患者さんが無事に来院されるかどうかとても心配でしたが、意外と皆様大丈夫だった様で一安心でした!!

最近落雷や洪水の被害が色々な所で出てますが、災害の対策や避難の仕方を事前に知っておく事が重要だなと思う今日この頃です><

仕事中は室内にいるのでなかなか日中は外の天気を見れるタイミングも少ないですが、たまに窓から見える青空には心癒されます♪

暑すぎるのはキツいけどやっぱり空は青空が1番☆☆

早く天気にな〜れ♪

もうすぐお盆なので皆様も充実したお休みを過ごしてリフレッシュして下さいね☆


こんにちは、歯科医師の福田です。


皆さんお盆はどのように過ごされていますか?


徳島出身の僕にとっては、お盆=阿波踊り!ということで、お盆休みをいただいて帰省するついでに、毎年阿波踊りに参加しています。


今年も開催を目前にし(自分は踊るわけではないのですが)試合前のような緊張感の中、帰省して参ります(*^^*)


福田1








阿波踊りは400年の歴史をもつ盆踊りで、毎年8月12日~15日の4日間開催され、人口26万人の徳島市に135万人の観客が訪れます。


踊りのグループを「連(れん)」と呼んでいて、高い踊り技術を持つ「有名連」、企業の社員やその家族で構成された「企業連」、学生による「学生連」かあり、総数1000以上の連が、演舞場や広場で踊る姿は圧巻で、


まさに踊り天国です!


福田2









福田3








是非皆さん遊びに来てください♪


阿波踊りを題材にした映画「眉山」もおすすめです(^o^)


福田4


私、こうみえて、落語が好きなんです。

といっても、そこまで詳しい訳ではないですが、寄席を見に行くために東京へ行ったり、今は無き大須演芸場へ足を運んだり、日曜日に暇があれば笑点(笑点では落語はやらないですが)を観たり、インターネットで検索して落語の動画やラジオを聞いたりしています。

 

特に好きな噺家さんがいる訳ではないですが、寄席に行った時の雰囲気がとても好きです。寄席へは基本的に1人で行くのですが、そこへ来ているお客さんの人間観察も好きです。

東京では、浅草、新宿、池袋、上野などに寄席をしている演芸場がありますが、これまでに浅草と池袋へ行きました。

昼の部、夜の部入れ替えなしなので、いようと思えば一日中、出入り自由に観ることができるのですが、私はお弁当を買って、食べながら観るのに憧れます。

何となく、その時のお弁当は安い物でもおいしく感じます。

danshi

落語独特の言い回し、一人で何役もやる演技力、扇子を使った表現の臨場感、それらを体感するといい心持ちになってきます。

どちらかというと今は古典落語の方が好きですが、そのうち新作落語もどんどん聞いていきたいと思います。

そして、東京では新宿、上野にも寄席にいきたいですし、大阪へ上方落語も聞きに行きたいです。

特に上方落語であれば、昨年芸名を改名した月亭方正さんの落語に今は興味津々です。

 

東京、大阪と来たら後は名古屋!大須演芸場はなくなってしまいましたが、巷で復活するという話も耳にしたことがあります。

復活するまで、一人でやまむら歯科で落研活動をして、寄席を開きたいなぁ。

 

以上、やまむら歯科ドクターのでした。