仕事や私生活で忙しい日々が続いていると、口腔ケアはついつい後回しになってしまいますよね。
厚生労働省の平成23年日本人の歯周疾患の実態調査によると、成人の約80%が歯肉に問題をかかえていると言われています。
このデータから、現在「国民の80%が歯周病」と言われているのです。
歯周病が軽度の状態では、痛みや自覚症状もあまりなく自分自身で歯周病だと気づかない人が多いのが現状です。


「むし歯も痛みもないから大丈夫!」と思って歯科健診を後回しにしていると、軽度の歯周病で予防出来ていたかもしれない歯周病が気づいたときには重度の歯周病に進行しているかもしれません。


目次


  • 早い人は20代から始まっている!あなたもこんな症状ありませんか?
  • 多くの人が、このサインを見逃しています
  • 35歳の80%以上が発症している!!「歯周病」はメンテナンスが大事
  • 30代の「今」リスクが高まる4つの理由
  •  ①仕事に趣味に忙しくお口のケアが後回しに
  •  ②痛くなったら歯医者へ行く人が多い
  •  ③女性ホルモン、妊娠による体の変化
  •  ④40代、50代で酷くなるパターンが多い
  • 歯周病の対策には早めの歯科健診が大切!

早い人は20代から始まっている!あなたもこんな症状ありませんか?

歯周病はおおまかに歯石・口臭・出血・腫れなどの症状があり、簡単なセルフチェックができるので思いあたる症状を数えてみましょう!

・朝起きたとき、口の中がネバネバする
・ブラッシング時に出血する
・口臭が気になる
・歯肉がむずがゆい、痛い
・歯肉が赤く腫れている
・歯が長くなったような気がする
・前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた
・かたい食べ物が噛みにくい
・食べ物が歯に挟まる
(出典:日本臨床歯周病学会)

免疫機能は20歳ころをピークに低下をしていき、30歳代以降も免疫機能は低下をし続けます。
それに伴い感染症のリスクも高くなるので、歯周病減菌の感染によって起こる歯周病になる人も増加していき、歯周病にかかる割合も30代から急増します。なかには20代から歯周病により歯がなくなる人もいます。
そうならない為に、軽度のうちに歯周病を発見し治療する必要があります。


多くの人が、このサインを見逃しています


上記の症状はすべて歯周病のサインです。
1つでも当てはまったら、歯周病の恐れがあり。当てはまる個数が多いほど歯周病が進んでいる状態です。
多くの方は、「成人の約80%近くの人が歯周病なら症状が1、2個当てはまっても気にしなくても自分で歯磨きをしていれば治るのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、歯周病は自然治癒しないのです。
歯周病が進行すると、お口の見た目が悪くなったり、近くにいる人に口臭などの不快感をあたえたりと様々なトラブルの原因になります。
症状が少ないうちに歯科健診を受けて歯周病を改善、予防していただくことをお勧めします。



35歳の80%以上が発症している!!「歯周病」はメンテナンスが大事

35歳の80%以上が発症している!!「歯周病」はメンテナンスが大事


平成28年歯科疾患実態調査(厚生労働省)によると出血などの軽度歯周病から歯がグラグラする重度歯周病の有病率は日本人の35歳から3人に2人といわれており、歯周病は国民病とも言われています。
この歯周病は35歳になって急に発症するわけではありません。
10代・20代から少しずつ進行し、30代の頃から口臭や出血などといった自覚症状が出始めます。
歯周病の進行は個人によって大きな差があり、細菌、体の免疫力、環境の違いによって、急速に歯周病が進行してしまう人・全然悪くならない人・ゆっくりと進行する人がいます。
どのタイプの人でも虫歯や歯周病を予防するために大事なのはお口の中をいつも清潔にしておくことです。
毎日の歯磨きは歯垢を除去することが目的ですが、丁寧にきちんと磨けたと思っていても20~30%程度しか除去できていないのが現状です。
定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることで、歯磨きだけでは取りきれないバイオフィルム(歯周病菌の固まり)も専用の器具で除去することが出来るのです。
このプロフェッショナルケアでお口の中をキレイにすることと普段の生活習慣や正しい歯磨きができるように習うことも必要です。
定期的に歯科医院でメンテナンスをすることで歯周病を防ぎ、汚れをためないキレイなお口を維持、予防していきましょう!



30代の「今」リスクが高まる4つの理由

①目立った症状がなく、放置する人が多い
歯周病はサイレントキラーと呼ばれ、初期では自覚症状がありません。
痛みなどの症状が現れるまでに長い時間がかかることが多く、炎症に気づかないまま進行させてしまいます。
痛みを感じてから歯科医院に行ったのでは、治療も大変なうえ、完治が難しく、歯を失うことになってしまいます。
歯ぐきが炎症をおこしている状態の歯肉炎を長い間そのままにしておくと重度の歯周病になります。歯周病は初期段階で適切な治療や予防をすれば防ぐことができる病気なのです。

②仕事に趣味に忙しくお口のケアが後回しに
20代後半から30代は仕事のキャリアアップ、結婚に出産、育児とイベントが盛りだくさんで忙しくなる年代です。
その他に30代になると「太りやい」「肩こりや痛み」「体の冷え」など体の不調が多くなる人もいて歯周病の症状は目立たずに気づかないまま過ごす人もいます。
初期の歯周病の症状に気づき歯医者に行かなくてはいけないと思っていても、時間が取れないからついつい後回しになり、痛みがでて初めて歯科医院に行った時には重度の歯周病へと悪化していることも。

③女性ホルモン、妊娠による体の変化
歯周病菌にはいろいろな菌の種類があり、そのなかには女性ホルモンを特に好んで繁殖する種類があります。
20代から女性ホルモンが活発になり、特に妊娠終期には女性ホルモンの分泌が普段の10~30倍になるため歯周病になる可能性が高まります。
妊娠中に歯周病になると、早産や低体重児が生まれるリスクは7倍にあがるというデータがあるほか、妊娠中に歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して赤ちゃんに直接感染するのではないかと言われています。

④40代、50代で酷くなるパターンが多い
20代30代の頃に歯科医院に行かずに何もせず放置しておくと、重度の歯周病になる人が多いのが現状です。

歯周病が中等度以上になるとポケット(歯と歯ぐきの隙間)が深くなり、歯肉を切開して歯石を取る外科手術を行う場合もあります。重度になると骨が歯を支えきれず抜かなければいけなくなることもあるのです。
そして、40代から歯周病により歯が抜けていき、かみ合わせ、噛む力が弱くなり、美味しく食べ物を食べることができなくなります。歯周病は酷くなる前の治療が不可欠です。


歯周病の対策には早めの歯科健診が大切!


歯肉炎は歯磨きなどのセルフケアにより改善することができますが、歯周病に進行するとセルフケアだけでは改善することができないうえ、自分では歯肉炎か歯周病かの判断が難しいため、きちんと歯科医院での診断を受けていただくことをお勧めします。
歯科健診に定期的に行く人と、痛いときのみ歯科医院に行って歯科健診をしない人を比べると、80歳代で歯の残せる本数が9本違うと言われています。
中等度歯周炎に進行して痛みが出てから歯科医院に行くと治療もとても大変になり、通院回数や治療代も増え、手遅れの場合歯を失うことになります。
初期の状態で適正な治療や予防をすれば進行を防ぐことができる病気なので定期的に歯科健診が重要になってきます。
「4つの理由」に言えることは歯周病かな?と思ったらお口のサインを放置せず、早め早めの受診をこころがけましょう。



合わない・噛めない入れ歯の原因とは?

現在入れ歯をお使いのあなたは、複数の歯を失っているのではないでしょうか。

前回のブログでもお伝えしたように、歯を失った方の治療方法は基本的に
ブリッジ
入れ歯
インプラント
この3つです。

「あわない」「痛い」「外れる」「動く」「噛めない」
今お使いの入れ歯にこれらの問題がある場合、インプラントオーバーデンチャーはそのほとんどを解決します。

今回ご紹介するインプラントオーバーデンチャーは、いわば「インプラント」と「入れ歯」のハイブリッド。「入れ歯」と「インプラント」を掛け合わせることによって、インプラントの本数を少なくすることが可能になり、従来の入れ歯よりも安定した噛み心地を実現することが出来るのです。

例えば下顎の全ての歯を失ったとき、インプラント治療では14本分の手術を受ける必要がありますが、インプラントオーバーデンチャーで必要な手術は2~4本程度と非常に負担が少ないのが特徴です。

また、これまでインプラント治療が不可能とされていた口腔内状況でもインプラントの本数やインプラントの種類を変えることでインプラントオーバーデンチャーが可能となっています。

「入れ歯が合わない・噛めない」
「入れ歯は使いづらいけれど、かといって広範囲・複数のインプラント治療を受けるのは不安」
とお悩みの方や、そのご家族にも知って頂きたい治療方法です。

インプラントオーバーデンチャーとは一体どんな治療方法なのか?5つのポイントでご説明します。

お口や骨の状態、欠損の範囲によってこの通りでない場合があります。


目次


  • ①インプラントオーバーデンチャーとは
  • ② 入れ歯が「痛い」「外れる」原因とは?
  • ③「噛める」喜びを取り戻しませんか?
  • ④これ以上歯を失わないために
  • ⑤専任の歯科技工士による完全オーダーメイドの入れ歯
  • 最後に

① インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャーとは簡単に言えば、

顎の骨の中にインプラント体を埋入して、そのインプラントに入れ歯を固定する

治療方法の事です。

従来の入れ歯は基本的に歯茎(粘膜)の支えや、バネ(クラスプ)の少ない力によってのみ支えられています。そのため入れ歯の維持・安定が困難となり「合わない」「ズレる」原因となっていました。

しかし、インプラントオーバーデンチャーは、顎に埋めたインプラント体が支柱となり、入れ歯全体を支えることが出来ます。また、インプラント体と入れ歯は専用の固定器具で連結することで強固に固定できるため、入れ歯の安定性が向上します。

さらには入れ歯自体の大きさも小さくすることが可能で、異物感・違和感も解消することが出来ます。


顎の骨に埋めたインプラント体と入れ歯を連結。


② 入れ歯が「痛い」「外れる」原因とは?


インプラント体を使って入れ歯を支えることで、
義歯のあたり
義歯のゆれ
口を動かすと外れる

が軽減されます


従来の入れ歯が「痛い」のは、入れ歯がお口の中で動いて歯茎と擦れることが原因であることが多いです。

また、入れ歯が「外れる」のは、入れ歯が合っていないので、口を動かした時に舌や頬の粘膜、口唇によって持ち上げられることが原因であることがよく見られます。

インプラントオーバーデンチャーでは、インプラント上部のアタッチメントにより入れ歯を強固に固定、入れ歯の大きさを小さく・厚みも薄くできるため、「痛い」・「外れる」が少ないのです。

しっかりと固定されていながらも取り外しは可能なので、入れ歯のお手入れもご自身で行うことが出来ます。以下の動画では、インプラントオーバーデンチャーの構造について分かりやすく紹介されています。


③噛める喜びを取り戻しませんか?

インプラント体を使って入れ歯を支えることで、
噛んだ時の入れ歯の沈み込み
が抑制され噛む力が向上します

従来の入れ歯は基本的にはそこにかかる噛む力の支えは歯茎(粘膜)が行います。しかし、粘膜は軟らかく、力がかかると沈み込みます。硬い食物を硬い入れ歯で噛む時に、その支えとなる粘膜が軟らかく、沈み込んでしまっては、噛む力が発揮しにくいのです。

また、部分入れ歯においても、バネ(クラスプ)のかかる歯の僅かな沈み込みと入れ歯の下の粘膜の沈み込みに大きな差が出てしまうので、入れ歯に歪みが生じたり、バネ(クラスプ)のかかる歯がに負担がかかり、悪くなってしまうことが多いです。

インプラントオーバーデンチャーは、痛くなく、動かず、外れにくく、よく噛めて、お口の中に合った咀嚼のための装置であるため、栄養摂取状況の向上、心理的不安を解消し、生活の質向上に寄与します。


インプラントオーバーデンチャーでは強固なアタッチメントがインプラントを通じて顎の骨に直接力を伝える機構になっているため、入れ歯の沈み込みが抑制されます。それにより、噛む力は格段に向上します。


④ これ以上歯を失わないために

インプラント体を使って入れ歯を支えることで、
噛んだ時の入れ歯の沈み込み
が抑制されクラスプ(入れ歯のバネ)のかかる歯の負担

が軽減されます

先にも書きましたように、バネ(クラスプ)のかかる歯には大きな負担がかかり、更なる歯の喪失を招いてしまいます。

ここで、2つの動画をご覧ください。

この動画では、部分入れ歯を例にしています。食事などで「グッ」と噛みこんだときに、バネ(クラスプ)のかかっている歯が大きく揺れ、負担がかかっていることが見て分かると思います。

このグラグラと歯をゆするような動き、実は「ある動作」に非常によく似ています。

それは、歯科医師が「抜歯」をするときの動きです。

毎日の食事や入れ歯の取り外しをする中で、知らず知らずのうちに歯に負荷をかけることになり、今ある歯を失うリスクを高めてしまっているのです。

それを極力防ぐために、従来の入れ歯では、歯茎(粘膜)にかかる力を分散するために入れ歯を大きく設計したり、バネ(クラスプ)のかかる歯を増やしたりしていました。

これに対して、インプラントオーバーデンチャーでは、インプラントが大きな力を負担してくれるので、残存歯への負担を確実に軽減することができるのです。


⑤ 専任の歯科技工士による完全オーダーメイドの入れ歯


ある入れ歯の勉強会に参加したときに

入れ歯の出来・不出来の8割は歯科技工士で決まる

と聞いたことがあります。

実際にやまむら歯科で、同じ患者様に2度、入れ歯を作らせていただいた際に、型どりやかみ合わせのステップは同じでも、担当する歯科技工士が違うと全く出来の異なる入れ歯が出来上がってきます。

その差は、歯科技工士の腕よりも、歯科医師と歯科技工士とさらには歯科衛生士の「連携」に大きなポイントがあります。

一人一人患者様によって、お口の大きさ、お口の中の状況、歯茎(粘膜)の状態、舌の大きさは異なります。健全な口腔内であれば通常28本歯が存在しているのですが、その喪失パターンは2の28乗=2億6800万通りものパターンがあるのです。それらの状況をいかにして共有するかが重要になってきます。

確実に連携のとれている歯科技工士であればより出来の良い入れ歯ができるということです。

やまむら歯科ではインプラントオーバーデンチャーの作製を依頼する歯科技工士達は常に同じで、院内に常駐しております。

そのため連携がとりやすい環境にありますし、何度も連携をとっているので、連携力も上がっています。インプラントオーバーデンチャーの作製において重要なポイントである「歯科技工士との連携力」の質が向上しているのです。

そのため、一人一人の患者様のお口の中に「合う」インプラントオーバーデンチャーが作製されます。


最後に


入れ歯ともインプラントとも違う、新しい選択肢「インプラントオーバーデンチャー」をご紹介させていただきました。
より詳しいご説明や実物をご覧になりたい方、「もっと詳しく知りたい!」という方は、お気軽にお問い合わせください。

やまむら歯科では「入れ歯無料カウンセリング」を行っておりますので、ご予約の際に「無料カウンセリング希望」とお伝えいただければご案内いたします。

また、当院監修サイト「歯を失った方へ」でもインプラントオーバーデンチャーについて詳しくご紹介していますので、併せてご一読頂ければと思います。

歯を失った方へ(外部サイト)


「あなたの歯は残せません」そう言われたら?


欠損補綴(けっそんほてつ)ってなに?

『補綴(ほてつ)』という言葉、聞きなれない方も多いのではないでしょうか。

歯科治療における補綴とは、歯が欠けたり、なくなった場合にクラウンや入れ歯などの人工物で補うことをいいます。古くは、紀元前2000〜1000年のエトルリア人の墓地から発掘された入れ歯があります。日本でも、奈良時代から入れ歯があったといわれていますので、昔から行われてきた治療法といえます。

今回はその補綴の中でも、例えば、ムシ歯や歯周病、かみ合わせが原因で失ってしまった歯を補うための『欠損補綴』についてみていきたいと思います。

<目次> 

治療方法は大きく分けて3つ:ブリッジ/入れ歯/インプラント

1.ブリッジについて
治療のステップ
費用
2.義歯(入れ歯)について
(1)部分床義歯(部分入れ歯)
(2)全部床義歯(総入れ歯)
治療のステップ
費用
3.インプラントについて
治療のステップ
費用 

治療方法は大きく分けて3つ:ブリッジ/入れ歯/インプラント

もしあなたが「この歯は残すことができません」「抜くしかありません」と言われ、抜歯することになったとしたら。あなたの歯を補う方法は、大きく分けて3つです。
それは、

・ブリッジ
・義歯(入れ歯)
・インプラント


です。この中の1つ、あるいはこれらを組み合わせて、失った歯の機能を補っていくことになります。

どうか、歯が抜けたまま放置しないでください(外部サイト)

こちらでもご紹介している通り、例え歯を抜かなければならなくなったとしても、「抜けたまま」の状態で放置することは、決してしないで下さい。

長い時間放置し続けると、他の歯を失うことにもなりかねません。

歯を失った際には、これらの3つの中からご自身に合った治療をできるだけ早く受けられることをお勧めします。

1.ブリッジについて


1~2本の歯を失ったら。

歯が1~2本なくなった場合、なくなった両隣の歯がしっかりしている時に、両隣の歯を支えとして人工の歯を橋のように架けるものをブリッジといいます。
歯の根(歯根)がしっかりしていれば、歯根に土台(金属などで作製します)をたてて、冠をかぶせるために型をとり、ブリッジを造ってセメントでつけます。

治療のステップ

①口腔内の型取り、ブリッジの設計
②両隣の歯を削る。仮歯の作製
③型取り、かみ合わせの位置の記録
④ブリッジの完成、装着

複雑な場合や歯の形態、色調を検討する場合は、ステップが追加で必要となります。
ムシ歯や歯周病の進行状態によっては、ブリッジができない場合があります。


治療費

ブリッジの治療には、保険診療と保険が適応されない保険外診療があります。
保険診療の場合には、保険で決められている材料を使用します。保険外診療の場合には、そのような制限はありません。例えば、歯の色をつくる材料としては、保険で樹脂材料(コンポジットレジン)を用いますが、保険外ではセラミックを用いることができます。


2.義歯(入れ歯)について


複数~全ての歯を失った方へ。

残存歯の有無で、部分床義歯(部分入れ歯)と全部床義歯(総入れ歯)に分けられます。


(1)部分床義歯(部分入れ歯)


「複数本なくなった歯やなくなった骨の一部を補い、形態や見た目の不良を回復するための入れ歯」

部分入れ歯は、生まれつき歯が少なくて隙間が広く開いていたり、ムシ歯や歯周病、あるいは事故、手術などで歯や骨の一部がなくなった場合、そのなくなったところを補う装置のことです。これによって、形態や見た目の不良を回復し、食事やしゃべりやすさを改善します。


(2)全部床義歯(総入れ歯)


「上顎または下顎の歯をすべて失った場合の入れ歯」

人間の歯は、智歯(親知らず)を含めると、上下左右全部で32本の歯があります。これらが何らかの原因で抜けていき、歯が一本もない人を無歯顎者呼びウます。


治療のステップ


① 口腔内診査、医療面接
② 印象採得、型取り
③ 咬合採得、かみ合わせの位置の記録
④ 試適
⑤ 完成、装着

治療費

保険診療と保険が適応されない保険外診療があります。
保険診療の場合には、入れ歯の大部分を構成する「レジン床」と呼ばれるプラスチックの樹脂の種類、または歯の欠損数によっても費用は異なります。
保険外適用では、入れ歯の大部分を構成する部分が、金属(チタンなど)になります。

複雑な場合や残存歯・顎骨の状態を検討する場合は、ステップが追加で必要となります。
ムシ歯や歯周病の進行状態によっては、まずその治療を先に行ってから行う場合があります。


3.インプラントについて


金属を埋め込んだ人工歯根の上に人工の歯をつくります。

人工歯根とも呼ばれ、歯がなくなったところ骨に主にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人口の歯を作る方法です。インプラントの埋め込みには外科手術が、また骨としっかりくっつくためには期間が必要です。顎の骨の量が十分にあること、骨の質に問題がないことが前提になります。


治療のステップ


① 口腔内診査、医療面接
② CT撮影検査(顎骨の量、質を見るため)
③ 一次手術
④ オッセオインテグレーションの期間
⑤ 二次手術
⑥ 個人トレー作製
⑦ 印象採得
⑧ 咬合採得
⑨ テンポラリーアバットメント装着
⑩ かみ合わせ、清掃性、形態の確認
⑪ 最終補綴装置の作製
⑫ 最終補綴装置の装着


治療費


保険外診療になります。

最後に

次回の豆知識ブログでは、

「入れ歯」と「インプラント」を組み合わせた、
「インプラントオーバーデンチャー」という治療法についてご紹介させていただきます。

そちらもご参考にしていただき、ご自身に合った治療法決めていただければと思います。