歯の豆知識

あなたの親しらずはどのタイプですか?


前歯から数えて8番目の歯が「親知らず」です。

親知らずには呼び名がたくさんあります。「智歯(ちし)」、「8番」、「第三大臼歯」とも呼ばれます。

まっすぐお口の中に生えている場合とそうでない場合があり、歯茎に埋まってる場合や生え方によって、抜歯の難易度が高くなります。


横向きに生えている親しらず。

最近では下の親知らずは横向きに歯茎に埋まっているケースが多く見受けられます。横向きに生えた歯茎に埋まった親しらずを「水平埋伏智歯」と呼びますが、これは時代とともに顎の骨自体が小さくなってきており、歯が生えてくるスペースがないためにこのような生え方をします。

親しらずは抜かないといけないの?

最近では、親知らずはまっすぐ生えている・横向きに埋まっているにかかわらず、予防的に抜歯する流れになりつつあります。

理由としては、一番奥の歯なので磨き残しが多く虫歯になりやすいことや、虫歯の治療をしても磨きにくさ自体は変わらないので再度虫歯になる可能性が高いからです。

親知らずだけが虫歯になるのならまだいいですが、手前の歯まで虫歯になる可能性が高いです。そのため手前の歯を守る・治療するために予防的に抜歯する方も増えてきています。

抜歯後は腫れるって本当?


親しらずの抜歯(埋伏智歯の場合)

歯を抜いた後は腫れ・痛み・出血の3つは必ずあります。

腫れに関しては2〜3日目がピークになり、大体は1週間程度で落ち着きます。

抜歯後の痛みは基本的に痛み止めでコントロールしていくことになります。1週間程度で落ち着く方が多いですが、個人差がかなりありますので、痛みが全然引かないなど、心配な場合は我慢せず一度診察を受けた方がいいかと思われます。

出血は、うがいした際などににじむ程度の出血はあります。お口の中が数秒で溢れかえるなどがなければ、自然に止まることがほとんどです。


その他にも抜歯後には口内炎などができる可能性もあります。抜歯後は体を休めることが望ましいので、抜歯後の予定(運動・飲酒など)の調整をされてから抜歯の日程を組むことをオススメします。何かわからないことなどありましたらスタッフまでお気軽にお尋ねください。


安全に抜歯を行うために。

歯を抜く際には、CTにて3次元的な位置関係を把握することをオススメします。これは歯の根っこの曲がり具合や周りの骨・歯との関係性、特に神経との位置関係を調べるためです。下の歯を抜く際に、神経を損傷してしまうと下唇に痺れが残ることがあります。なのでCT撮影をして安全に歯を抜くことが大事になってきます。


抜歯の前にCTで神経や血管の位置を確認しています。


ご利用可能カード一覧

※メール相談はボランティアにて行っておりますので、近隣にお住まいで、通院可能な方のみでお願いいたします。