歯の豆知識

歯列不正・不正咬合は遺伝だからとあきらめていませんか?
原因を治す方法があることを知っていますか?

▼普段あなたのお子さんにこのような状況はありませんか?▼

 □口をぽかんと開けていることがある
□舌を出す癖がある
□飲み込むのが苦手で食事が遅い
□鼻づまりやアレルギーがあり、風邪を引きやすい
□いびきをかく
□指しゃぶりがある
□前かがみで姿勢が悪い

こういったことがあれば、顎顔面の発育不全がある可能性があります。


 上顎骨の成長のピークは6・7歳で、一緒に気道や肺も大きくなります。このころ悪習癖があると成長を妨げ、正常な顎顔面の発育が臨めません。顎顔面の発育不全があるということは、その後ろにある気道に十分な発育するスペースがなく、呼吸は常に苦しい状態になります。そうすると楽な体勢をとろうとして姿勢も悪くなります。


また歯は僅か1.7gの力で動いてしまいます。しかし歯の周りにある頬や舌の筋肉は強く、300〜500gの力があります。よって舌の位置や嚥下(飲み込むこと)が正しく身に付いていないと歯に大きな力がかかって歯列不正になっていきます。結果小さい顎に歯がぎゅうぎゅうに押し込まれ、ガタガタとした歯ならびになってしまうのです。


では、マイオブレイス矯正とは?


マイオブレイス矯正ではこれらの原因にアプローチをすることによって、正しい顎顔面の発育を促して呼吸や健康を改善していきます。従来の矯正とは全く違った新しい予防的矯正治療です。従来の矯正治療では子供の時に矯正的に顎を広げ、大人になってから抜歯をし、強制的にワイヤーで歯を動かします。歯を強制的に動かすため、痛みがあったり、エナメル質や歯根膜(歯の周りにある線維)を傷つけます。見た目もよくはないですよね。マイオブレイス矯正では、こういった必要がないため歯にダメージはほとんどありません。

ではどういった方法で行うかというと、「マイオブレイス」というマウスピース方の装置を①起床時に1時間②寝ている時につけてもらいます。また毎日アクティビティという習癖改善のためのトレーニングをお母さんと一緒にやってもらいます。


マイオブレイス矯正のゴールとは?

●治療のゴール●
①唇を閉じている
②鼻呼吸をしている
③舌は正しい位置にある
④正しい嚥下ができる

ゴールまでいくと、自然と発育がきちんと促され、結果歯並びもよくなるのです。ピアノのおけいこのように、きちんと練習すればそれだけ結果がでます。
ただし、これは成長発育が活発な年齢だからこそできる治療です。成長が終盤になると従来の矯正治療でしか治すことはできません。だからこそ、時期を逃さずにお子さんを健康へと導いてあげることが大切です。

自分のお子さんに顎顔面の発育不全があるのでは?と思われた方は気軽に御相談ください!


ご利用可能カード一覧

※メール相談はボランティアにて行っておりますので、近隣にお住まいで、通院可能な方のみでお願いいたします。