根管治療

むし歯が進行すると、歯の内部で細菌感染を起こします。これにより歯の神経が蝕まれたり、歯の根っこに膿を生じたりします。
・強い歯の痛みを我慢していませんか?
・歯茎が腫れたり、膿が出てくることはありませんか?
今回は、歯の根っこの治療「根管治療」についてご紹介します。

-目次-
1.根管治療がになるとき
2.根っこのお掃除=神経や膿を除去すること
3.やまむら歯科の根管治療

1.根っこの治療が必要になるとき

vol.1「歯の構造について」でもご紹介している通り、歯には「根っこ」があります。歯茎の中に埋まって見えないところですが、根っこの中には細い管が通っており、その中には神経や血液、栄養などが走っています。

この歯の根っこの内部を治療しなければいけないケースは、大きく分けると2つあります。

(1)むし歯が進み、歯の中の神経まで細菌感染が起きている場合


(2)過去に根の治療がしてあって、再び細菌感染し根の先端に膿を作っている場合

このいずれかの場合です。

(1)虫歯により歯の中の神経まで細菌感染が起きている場合

むし歯は、歯の表面を覆うエナメル質から段々中の層にまで広がっていきます。むし歯の細菌が神経にまで到達すると、むし歯を取り除いたとしても神経の中に細菌感染が残ったままになります。

その場合、強い痛みが残ったり細菌感染が広がっていく可能性があるため、細菌感染した神経を取る処置が必要となります。

(2)過去に根の治療がしてあって、根の中で再度細菌感染し根の先に膿を作っている場合

何らかの理由で再び根の中に細菌感染が起きてしまうことがあります。そして、細菌が根の先から飛び出し、根の先で膿を作ることがあります。

この膿を放っておくと次第に大きくなり痛みや歯茎の腫れにつながってくることがあります。また、膿は独特のニオイを持つので、口臭の原因にもなります。

2.根っこのお掃除=神経や膿を除去すること

歯の神経・歯の根っこに細菌感染があると診断されたら、原因を除去する必要があります。根の中の細菌を取り除くためには、根の中をファイルと呼ばれる細い針のような器具や殺菌消毒薬を用いながら確実に細菌をとっていきます。

お口を長い時間開けていただく必要があるため、できるだけ患者様がつらく無いように、適度に休憩をはさみながら治療を進めていきます。


よく患者さまから「抗菌薬を飲めば治らないのか?」と質問されるのですが、症状がある場合は薬で一時的に落ち着かせることは可能ですが、残念ながら治すことはできません。

抗菌薬は飲むと血液中に薬効成分が行き渡ります。膿の周りは骨があり細かい血管もたくさん走っているので一時的には効果があります。

しかし神経がとってある歯だと根の中の血管も一緒に取れるので、血流は根の中にありません。したがって抗菌薬を飲んでも膿の原因である根の中の細菌を取り除くことはできないのです。

3.やまむら歯科の根管治療

根管治療で膿だけを直接取れたとしても、膿の原因である根の中の細菌が残っていれば膿は再発します。お口の中には細菌がたくさんいます。だ液の中はもちろん、お口の中には霧状になった細菌がたくさん存在しているのです。治療の際に最も大切なことはそういった細菌を歯の根の中に入れないことなのです。

やまむら歯科では細菌が入らないような工夫(ラバーダム治療)をしながら根の治療を行なっております。ラバーダムは、治療する歯をお口の中の細菌から隔離する方法であり、根管治療の成功率を高めると言われています。また、歯を削った破片や、小さな治療器具などの誤飲なども防ぐことができ、安全・安心の治療を提供することが出来るのです。


歯を失ってしまうには原因があります。あなたは大丈夫ですか?

歯を失う原因は、実は虫歯だけではありません。代表的なところで言えば、「歯周病」は歯を失う原因の1位とされています。それ以外にも生活の中で歯を失うリスクがあるのをご存知でしょうか。今回は、あまりしられていない「歯を失う内的要因・外的要因」についてご説明します。

歯を失う原因とは?

-目次-
1.プラーク(酸)
2.非機能的な力
3.咬頭嵌合位(こうとうかんごうい)のズレ
4.アクシデント
5.前医(善意)の過失


⑴プラーク(酸)

「プラーク」とは「歯垢」のことで、食べカスと唾液が混じりあって歯の表面に付着し、その塊りの中に口腔内の細菌が住み着いているものです。

細菌の数は1mg中に数億もの数が存在し、食べカスを栄養源として増殖します。そして、細菌(主にミュータンス菌)が食事として摂取しているものが「糖分」です。糖分を分解(代謝)した結果、代謝産物として「酸」が分泌されます。

これが「プラーク(酸)」です。

この酸が歯を溶かしてカルシウやリンを溶出させ歯は虫歯(う蝕歯)となります。
この溶けて(細菌感染)しまった範囲が小さければ、虫歯の治療をして、再度歯を使う事が出来るのですが、範囲が大きくなりすぎた場合は、歯として使う事が出来ないため、抜歯の対象となります。

また、この細菌から身を守るために自身の歯周組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)が溶ける事で逃げます。これが歯周病(歯周炎)です。
この歯周病が、著しく進行すると抜歯の対象となります。

⑵非機能的な力

歯の機能とは「咀嚼」「嚥下」「発音(発語)」の事です
非機能的な力とは、この3つの機能以外にかかる力の事を指します。
例えば、ブラキシズムが挙げられます

ブラキシズム

①睡眠時ブラキシズム
睡眠時の歯ぎしりや、食いしばりの事です。普段、起きて生活している状態と違って、無意識下で行われ、その力の制御をする事が困難で、とても過大な力が発生しています。また、睡眠時ブラキシズムは多因子性であり、ストレス、性格、遺伝、セロトニン再取り込み阻害薬の服薬、飲酒、喫煙、特定の疾患(脳性麻痺などの中枢神経系の障害、睡眠呼吸障害)など、様々な因子が関与していることが報告されています。

②覚醒時ブラキシズム
睡眠時と同様にストレスなどの様々な因子が関連してくる可能性がありますが、睡眠時と違って無意識ばかりでなく意識下でも行われているため、習癖に気をつける事で是正も可能です。

⑶咬頭嵌合位のズレ


正しく噛み合わせることで、力が分散されます。

咬頭嵌合位とは、上下顎の咬合面が最大面積で接触している状態。
「咬頭嵌合位のズレ」は、何らかの原因で歯の全体又は一部を失ったり、一部の矯正治療などによって歯の接触状態が変化してしまう事で生じます。
このズレが起こると、歯に余計な力がかかります。結果耐えきれずに歯を失う事があります。

⑷アクシデント

交通事故やスポーツなどの予期せぬ出来事で失われてしまう事です。

⑸前医(善意)の過失

前の歯科医院が良かれと思って行った治療が、結果として歯の寿命を縮めてしまい、歯として使えなくなってしまった事です。


「歯周病」ってどんな病気かご存知ですか?

歯周病はむし歯と違って強い痛みなどがなく、気付かない間に進行しやすいお口の病気です。

当院を初めて受診される患者様に多く見受けられるのが、20代・30代までは「歯周病」なんて気にせず過ごしてきたものの、40歳を過ぎたあたりから歯がグラついたり歯茎が痩せたり・・・検査の結果、歯周病が進行していることが判明した、というケース。そんな患者様が多いのも、残念ながら事実なのです。

重度の歯周病の場合、たとえその歯がむし歯でなくても、歯を抜かなければならなくなることがあります。

今回のブログでは、そんな見えない病気「歯周病」のメカニズムについてご紹介させていただきます。


歯を支える「歯周組織」、健康ですか?


歯周病とは、歯周組織を破壊する疾患の総称です。
歯周組織とは、歯肉、セメント質、歯根膜、固有歯槽骨の4つの組織のことです。

歯周病は、主に3つ。

歯周病は大きく分けて、①歯肉炎、②歯周炎、③咬合性外傷の3つがあります。

① 歯肉炎とは、炎症が歯肉組織に限局し固有歯槽骨の吸収を伴わないもの。
② 歯周炎とは、歯肉、歯根膜、固有歯槽骨まで炎症が波及し、固有歯槽骨吸収が生じるもの。
③ 咬合性外傷とは、歯肉炎・歯周炎とは異なる疾患で、咬合力により引き起こされる歯周組織の外傷性変化である。中等度から重度歯周炎では、咬合性外傷を伴うことが多い。

ここでは、主に歯肉炎・歯周炎についてお話しをします。

歯肉炎・歯周病の症状、いくつ当てはまりますか?

① 歯肉の腫脹
② 歯肉からの出血
③ レントゲンにて骨の吸収の所見
④ 歯の動揺
⑤ 歯の病的移動
⑥ 口臭
⑦ 歯と歯肉の溝からの排膿 など 

ここにあげられている症状が必ず全て発症するわけではありません。

歯肉炎・歯周病を進行させる原因とは。

歯肉炎・歯周炎の原因因子は、歯と歯肉の溝に存在するプラーク(細菌のかたまり)であり、プラーク中の細菌と生体防御機能(免疫力のこと)とのアンバランスにより発症・進行します。また、リスクファクター(疾患の発症、進行を修飾する因子)として、細菌因子、宿主因子、環境因子があげられます。
細菌因子には、口腔内には、500種以上の細菌が存在し、その中でも歯周組織の破壊を引き起こす細菌が特定されている。
宿主因子には、生体の免疫機構が関係している。とくに、細菌感染に対する抵抗性を低下させる全身疾患(糖尿病、血液疾患など)は、歯周炎の進行を促進させる。
環境因子には、生活習慣の影響を大きく受ける。生活習慣のなかでも、喫煙、ストレス、不規則な生活、アンバランスな食事などは、歯周炎の進行に影響する、とりわけ、喫煙は歯周炎の進行を促進するだけでなく、歯周病治療の効果を下げ、また歯周病の再発を誘発する。

年に一度は定期検診をお勧めしています。

歯周病治療の原則は、原因の除去をすることです。まず、細菌に対しては、歯科医師・歯科衛生士によるクリーニングと患者さんの家庭でのブラッシングで取り除いていきます。また、環境因子対しては、生活習慣の改善を行い、歯周病の改善を行っていきます。

定期検診の詳しいご案内はコチラ→