歯の豆知識


仕事や私生活で忙しい日々が続いていると、口腔ケアはついつい後回しになってしまいますよね。
厚生労働省の平成23年日本人の歯周疾患の実態調査によると、成人の約80%が歯肉に問題をかかえていると言われています。
このデータから、現在「国民の80%が歯周病」と言われているのです。
歯周病が軽度の状態では、痛みや自覚症状もあまりなく自分自身で歯周病だと気づかない人が多いのが現状です。


「むし歯も痛みもないから大丈夫!」と思って歯科健診を後回しにしていると、軽度の歯周病で予防出来ていたかもしれない歯周病が気づいたときには重度の歯周病に進行しているかもしれません。


目次


  • 早い人は20代から始まっている!あなたもこんな症状ありませんか?
  • 多くの人が、このサインを見逃しています
  • 35歳の80%以上が発症している!!「歯周病」はメンテナンスが大事
  • 30代の「今」リスクが高まる4つの理由
  •  ①仕事に趣味に忙しくお口のケアが後回しに
  •  ②痛くなったら歯医者へ行く人が多い
  •  ③女性ホルモン、妊娠による体の変化
  •  ④40代、50代で酷くなるパターンが多い
  • 歯周病の対策には早めの歯科健診が大切!

早い人は20代から始まっている!あなたもこんな症状ありませんか?

歯周病はおおまかに歯石・口臭・出血・腫れなどの症状があり、簡単なセルフチェックができるので思いあたる症状を数えてみましょう!

・朝起きたとき、口の中がネバネバする
・ブラッシング時に出血する
・口臭が気になる
・歯肉がむずがゆい、痛い
・歯肉が赤く腫れている
・歯が長くなったような気がする
・前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた
・かたい食べ物が噛みにくい
・食べ物が歯に挟まる
                               (出典:日本臨床歯周病学会)

免疫機能は20歳ころをピークに低下をしていき、30歳代以降も免疫機能は低下をし続けます。
それに伴い感染症のリスクも高くなるので、歯周病減菌の感染によって起こる歯周病になる人も増加していき、歯周病にかかる割合も30代から急増します。なかには20代から歯周病により歯がなくなる人もいます。
そうならない為に、軽度のうちに歯周病を発見し治療する必要があります。


多くの人が、このサインを見逃しています


上記の症状はすべて歯周病のサインです。
1つでも当てはまったら、歯周病の恐れがあり。当てはまる個数が多いほど歯周病が進んでいる状態です。
多くの方は、「成人の約80%近くの人が歯周病なら症状が1、2個当てはまっても気にしなくても自分で歯磨きをしていれば治るのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、歯周病は自然治癒しないのです。
歯周病が進行すると、お口の見た目が悪くなったり、近くにいる人に口臭などの不快感をあたえたりと様々なトラブルの原因になります。
症状が少ないうちに歯科健診を受けて歯周病を改善、予防していただくことをお勧めします。



35歳の80%以上が発症している!!「歯周病」はメンテナンスが大事

35歳の80%以上が発症している!!「歯周病」はメンテナンスが大事


平成28年歯科疾患実態調査(厚生労働省)によると出血などの軽度歯周病から歯がグラグラする重度歯周病の有病率は日本人の35歳から3人に2人といわれており、歯周病は国民病とも言われています。
この歯周病は35歳になって急に発症するわけではありません。
10代・20代から少しずつ進行し、30代の頃から口臭や出血などといった自覚症状が出始めます。
歯周病の進行は個人によって大きな差があり、細菌、体の免疫力、環境の違いによって、急速に歯周病が進行してしまう人・全然悪くならない人・ゆっくりと進行する人がいます。
どのタイプの人でも虫歯や歯周病を予防するために大事なのはお口の中をいつも清潔にしておくことです。
毎日の歯磨きは歯垢を除去することが目的ですが、丁寧にきちんと磨けたと思っていても20~30%程度しか除去できていないのが現状です。
定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることで、歯磨きだけでは取りきれないバイオフィルム(歯周病菌の固まり)も専用の器具で除去することが出来るのです。
このプロフェッショナルケアでお口の中をキレイにすることと普段の生活習慣や正しい歯磨きができるように習うことも必要です。
定期的に歯科医院でメンテナンスをすることで歯周病を防ぎ、汚れをためないキレイなお口を維持、予防していきましょう!



30代の「今」リスクが高まる4つの理由

①目立った症状がなく、放置する人が多い
歯周病はサイレントキラーと呼ばれ、初期では自覚症状がありません。
痛みなどの症状が現れるまでに長い時間がかかることが多く、炎症に気づかないまま進行させてしまいます。
痛みを感じてから歯科医院に行ったのでは、治療も大変なうえ、完治が難しく、歯を失うことになってしまいます。
歯ぐきが炎症をおこしている状態の歯肉炎を長い間そのままにしておくと重度の歯周病になります。歯周病は初期段階で適切な治療や予防をすれば防ぐことができる病気なのです。

②仕事に趣味に忙しくお口のケアが後回しに
20代後半から30代は仕事のキャリアアップ、結婚に出産、育児とイベントが盛りだくさんで忙しくなる年代です。
その他に30代になると「太りやい」「肩こりや痛み」「体の冷え」など体の不調が多くなる人もいて歯周病の症状は目立たずに気づかないまま過ごす人もいます。
初期の歯周病の症状に気づき歯医者に行かなくてはいけないと思っていても、時間が取れないからついつい後回しになり、痛みがでて初めて歯科医院に行った時には重度の歯周病へと悪化していることも。

③女性ホルモン、妊娠による体の変化
歯周病菌にはいろいろな菌の種類があり、そのなかには女性ホルモンを特に好んで繁殖する種類があります。
20代から女性ホルモンが活発になり、特に妊娠終期には女性ホルモンの分泌が普段の10~30倍になるため歯周病になる可能性が高まります。
妊娠中に歯周病になると、早産や低体重児が生まれるリスクは7倍にあがるというデータがあるほか、妊娠中に歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して赤ちゃんに直接感染するのではないかと言われています。

④40代、50代で酷くなるパターンが多い
20代30代の頃に歯科医院に行かずに何もせず放置しておくと、重度の歯周病になる人が多いのが現状です。

歯周病が中等度以上になるとポケット(歯と歯ぐきの隙間)が深くなり、歯肉を切開して歯石を取る外科手術を行う場合もあります。重度になると骨が歯を支えきれず抜かなければいけなくなることもあるのです。
そして、40代から歯周病により歯が抜けていき、かみ合わせ、噛む力が弱くなり、美味しく食べ物を食べることができなくなります。歯周病は酷くなる前の治療が不可欠です。


歯周病の対策には早めの歯科健診が大切!


歯肉炎は歯磨きなどのセルフケアにより改善することができますが、歯周病に進行するとセルフケアだけでは改善することができないうえ、自分では歯肉炎か歯周病かの判断が難しいため、きちんと歯科医院での診断を受けていただくことをお勧めします。
歯科健診に定期的に行く人と、痛いときのみ歯科医院に行って歯科健診をしない人を比べると、80歳代で歯の残せる本数が9本違うと言われています。
中等度歯周炎に進行して痛みが出てから歯科医院に行くと治療もとても大変になり、通院回数や治療代も増え、手遅れの場合歯を失うことになります。
初期の状態で適正な治療や予防をすれば進行を防ぐことができる病気なので定期的に歯科健診が重要になってきます。
「4つの理由」に言えることは歯周病かな?と思ったらお口のサインを放置せず、早め早めの受診をこころがけましょう。



ご利用可能カード一覧

※メール相談はボランティアにて行っておりますので、近隣にお住まいで、通院可能な方のみでお願いいたします。